小松奎文『いろごと辞典』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小松奎文『いろごと辞典』

残り1点

¥1,716 税込

送料についてはこちら

よくぞここまで! 圧巻の性辞典。世界の性用語、方言、現代の隠語まで。世界中の性用語、方言、現代の俗語・隠語までを網羅。【鴨の腹】=若い女性の陰毛。または、若い女性の陰毛に手を触れた時の感触の形容。【甘露水】=精液。【恋相撲・恋角力】=性交行為。【騒水】=女性が淫情を感じて分泌する愛液。【花を散らす】=女性の初交……などからは、いまにも熱気や匂いが漂ってきそう。創造力を刺激する語彙と説明が楽しい、いろごと研究に40年以上を費やしてきた著者による、圧巻の「性辞典」。 ■凡例 本文 あ〜ん 付録1 体位の分類 付録2 体位[永井潜による] 付録3 日本古来の体位[いわゆる四十八手] ■著者 1933年、埼玉県に生まれる。1955年、東京教育大学理学部卒業。公立中学校教員(理科)を経て、民間幼児教室指導者の教育顧問となる。傍ら、江戸川柳の研究を続ける。 ■書誌情報 ・発行:KADOKAWA ・発行日:2018年 ・文庫 / 608ページ