{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

石上阿希『日本の春画・艶本研究』

残り1点

¥7,150 税込

送料についてはこちら

春画研究による日本初の博士論文、待望の公刊!浮世絵や歌舞伎との関係、中国からの影響、近代の弾圧と復権など、「文化の結節点」としての春画を通観。図版100点以上収録。 ■目次 第1部 中国と日本春画  日本春画における外来思想の受容と展開  中国養生書と艶本―『黄素妙論』の受容を中心に 第2部 上方の艶本  西沢一風作『好色極秘伝』考―浄瑠璃段物集・浮世草子との関連  役者利用の艶本―西沢一風作『風流足分船』  「訓蒙図彙」と西川祐信―『色ひいな形』から『百人女郎品定』まで 第3部 上方と江戸をつなぐもの―祐信絵本と江戸艶本  漢詩と艶本―『絵本寝覚種』から『今様妻鑑』  和歌と艶本―『絵本貝歌仙』から『笑本開謌僊』 第4部 江戸の春画・艶本―見立ての表現をめぐって  伝統的画題と春画―鈴木春信画「風流座敷八景」考  「忠臣蔵もの」の艶本 第5部 近現代の春画受容  明治から昭和初期の春画と取締り  昭和から現代における春画受容―出版と展覧会  終論にかえて―大英博物館春画展一部始終 ■著者略歴 1979年、静岡県生まれ。立命館大学文学部卒。同大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。2013年に開催された大英博物館春画展のプロジェクトキュレイターをつとめる。立命館大学専門研究員を経て、国際日本文化研究センター特任助教。2010年に「近世艶本総合データベース」を公開。2015年国際浮世絵学会新人賞。 ■書誌情報 ・発行:平凡社 ・発行日:2015年 ・単行本 / 365ページ