田中優子『張形と江戸女』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

田中優子『張形と江戸女』

残り1点

¥792 税込

送料についてはこちら

張形は、江戸時代の春画に多く描かれる女性自身のための性具である。そこから江戸の性の変遷がみえる。春画では、女性が一人で使用する姿だけでなく、奥女中同士で愉しむ姿も描かれている。やがて、庶民へと普及し、男女の前戯に使用される例が現れる。絵に溢れるカラッとしたユーモア。文庫化にあたり、図版、カラー口絵4頁を追加。 ■目次 1 欲望の発露  錦の袋にはいった「女の性」  女の性欲と張形文化 2 快楽の追求  奥女中の性を描いた『床の置物』  数字をめぐるおかしさ ほか) 3 開放感の伝播  性愛の先進地・上方の張形  京に遅れをとった江戸の張形 4 好事家の世界へ  変貌する張形の用途  女性のマスターベイションを描く文化 ■著者略歴 1952年神奈川県横浜市生まれ。1980年法政大学大学院博士課程(日本文学専攻)修了。法政大学社会学部教授(近世文学)。『江戸百夢』(朝日新聞社、ちくま文庫)で芸術選奨文部科学大臣賞、サントリー学芸賞受賞。2005年紫綬褒章受章。著書に、『江戸の想像力』(ちくま学芸文庫、芸術選奨文部大臣新人賞受賞)など多数。 ■書誌情報 ・発行:筑摩書房 ・発行日:2013年 ・文庫 / 222ページ