上原栄子『新編 辻の華』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

上原栄子『新編 辻の華』

残り1点

¥2,640 税込

送料についてはこちら

辻遊廓で遊女だった人物による本。 女だけで運営された、世界に類を見ない花街「辻」に育てられた姐と戦後沖縄の物語…。 ■目次 第1部 戦前篇  尾類買い  辻の日々  初髪結い  戦争の地獄絵図 第2部 戦後篇  捕虜収容所  敗戦と解放  生きていた妓供たち  戦後の夢 ■著者略歴 大正4年(1915)6月、沖縄に生まれる。4歳のとき、「辻遊廓」に売られ、昭和19年(1944)までそこに暮らす。戦後、映画、ブロードウェイの舞台で話題となった「八月十五夜の茶屋」(松乃下)という料亭を経営。昭和27年(1952)、米国軍政府勤務のリチャード・ローズ氏と結婚、一児をもうけたが、昭和46年(1971)、夫に先立たれる。平成2年(1990)12月没。 ■書誌情報 ・発行:ポット出版 ・発行日:2010年 ・単行本 / 168ページ