八木澤高明『娼婦たちから見た日本 黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、タイ、チリ』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

八木澤高明『娼婦たちから見た日本 黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、タイ、チリ』

残り1点

¥968 税込

送料についてはこちら

10年以上をかけて色街の盛衰を取材した、類書なき歴史ドキュメント!!街は、女たちが彩ってきた。男は、女たちが知っている。 黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、タイ、シンガポール、フィリピン、マレーシア、チリetc.10数年、夜の街を行脚し続けた著者が紡いだ、女たちの日本史!! 本書に登場する娼婦たち ●黄金町の盛衰を見つづけた外国人娼婦 ●沈みゆく島で信仰とともに生きるタイ人娼婦 ●国策に翻弄されたからゆきさんと、じゃぱゆきさん  ●ジャパーニーズドリームの体現者・アニータのいま ●沖縄、フィリピン、タイ。基地の町でネオンに当たり続ける女たち ●無自覚に“お散歩JK”に入っていく秋葉原の少女 もの言わずに、日本各地の売春街から消えていったじゃぱゆきさんや、日本人娼婦たち。 日陰に生きる彼女たちは、社会の弱者でもある。彼女たちの身に起ったことは、次に私たちに起ることである。 彼女たちは、日本人をどのように見てきたのか。そして、日本社会をどう捉えてきたのだろうか。 ■目次 プロローグ――空気のように、常に娼婦たちはいた 第一景 売春街は死に、外国人娼婦は溶けた――神奈川県横浜黄金町 第二景 四百年の歴史を娼婦は灯す――三重県渡鹿野島 第三景 国策に娼婦は殺された――東南アジア、熊本県天草 第四景 ジャパニーズドリームを娼婦は体現した――チリ、フィリピン、タイ 第五景 娼婦は基地を抱き、基地に傷つけられる――沖縄県 エピローグ――灰色の街に彩りを娼婦たちは与える ■著者 八木澤高明 1972年神奈川県生まれ。写真週刊誌『フライデー』カメラマンを経て、2004年よりフリーランス。『マオキッズ─毛沢東のこどもたちを巡る旅』で2012年第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。その他の著作に『黄金町マリア』、『娼婦たちから見た日本』などがある。 ■書誌情報 ・著者:八木澤高明 ・発行:集英社 ・発行日:2016年 ・文庫 / 347ページ