橋爪節也『大正昭和レトロチラシ 商業デザインにみる大大阪』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

橋爪節也『大正昭和レトロチラシ 商業デザインにみる大大阪』

¥2,530 税込

送料についてはこちら

本書では、大正・昭和初期の大阪の繁華街で配布されたチラシのなかから優れたデザインのものを厳選し、収載しています。デパートの案内図、小売店の商品案内、劇場・レビュー案内をはじめとする多様な広告チラシは、活気ある時代の賑やかな市井の人々の暮らしぶりをのぞき見る資料として大いに楽しんでいただけることでしょう。また、今見てもなお色褪せない高いデザイン性や大胆な構図は、グラフィックやフォントデザインの宝庫としても大いに活用していただけます。 ■目次 第1章 買う―商店・百貨店・デパート 第2章 食べる―食料品店・飲食店・カフェー 第3章 愉しむ―観光・観劇・レビュー 第4章 受ける―サービス・銀行・理容 第5章 投じる―選挙案内・ビラ 第6章 旅する―郊外への小旅行 ■著者略歴 1958年、大阪市生まれ。大阪大学総合学術博物館教授(前館長)、大学院文学研究科兼任。東京藝術大学美術学部大学院修士課程。大阪市教育委員会事務局文化財保護課、大阪市立近代美術館(仮称)建設準備室主任学芸員を経て現職。専門は日本近世・近代美術史。 ■書誌情報 ・発行:青幻舎 ・発行日:2020年 ・単行本 / 256ページ