林綾野『浮世絵に見る 江戸の食卓』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

林綾野『浮世絵に見る 江戸の食卓』

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

浮世絵を読み解く新提案! 美味しいもの好きの江戸っ子たちが、どんな食を楽しんでいたか、絵を通してたどります。 食のシーンは、浮世絵の世界に度々描かれてきました。鰹の初売り、夏の白玉、雪中の蕎麦屋など。 そこには今もなお受け継がれる食文化があり、また失われてしまった食習慣に気づくこともあります。 食を描いた浮世絵を紐解きつつ、そのレシピも紹介する一冊。 『フェルメールの食卓』(講談社)など、画家の食や暮らしを紹介した話題の本の著者による待望の新刊です。 ■目次 ・第一章 江戸で生まれた味わい  すし 鰻 蕎麦 ・第二章 浮世絵に見る江戸の食卓  天麩羅 初鰹 深川丼 牡丹鍋 豆腐田楽 駒込の茄子 幕の内弁当 蛸の江戸煮 白和え とろろ汁 握り飯 白玉 佃煮 水菓子 ・第三章 浮世絵師たちの食事情  北斎の香り高い秘薬 広重の玉子とじどんぶり 国芳の猫舌にも美味しい納豆汁 ■著者紹介 キュレーター、アートライター。美術館での展覧会企画、美術書の企画・執筆を手がける。新しい美術作品との出会いを提案するため、画家の芸術性と合わせてその人柄や生活環境、食への趣向などを研究、紹介する。これまで手がけた展覧会は「パウル・クレー 線と色彩」「ホルスト・ヤンセン 北斎へのまなざし」「ピカソとクレーの生きた時代」「フェルメールからのラブレター」展など。主な著書に『画家の食卓』『フェルメールの食卓』『ゴッホ 旅とレシピ』『モネ 庭とレシピ』、共著に『セザンヌの食卓』『作家別 あの名画に会える美術館ガイド・西洋絵画編』(すべて講談社)、『画家のものがたり絵本 ぼくはヨハネス・フェルメール』(美術出版社)などがある。 ■書誌情報 ・発行:美術出版社 ・発行日:2014年 ・単行本 / 128ページ