小山静子,今田絵里香,赤枝香奈子『セクシュアリティの戦後史』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小山静子,今田絵里香,赤枝香奈子『セクシュアリティの戦後史』

残り1点

¥4,400 税込

送料についてはこちら

恋愛や性愛はどのようなものとして表象/実践されたのか?戦後のセクシュアリティ規範を問い、親密性の内実を歴史的に解明する。 ■目次 1 純潔と異性愛  純潔教育の登場―男女共学と男女交際  純潔教育委員会の起源とGHQ  異性愛文化としての少女雑誌文化の誕生  雑誌『平凡』に描かれた純潔  「感じさせられる女」と「感じさせる男」―セクシュアリティの二枚舌構造の成立 2 同性愛という概念  戦後日本における「レズビアン」カテゴリーの定着  パンパン、レズビアン、女の共同体―女性映画としての『女ばかりの夜』  戦後日本における「ホモ人口」の成立と「ホモ」の脅威化  1970年代における男性同性愛者と異性婚―『薔薇族』の読者投稿から 3 メディアにおける性愛の表象  Kissのある日常―『週刊マーガレット』におけるキスシーンの定着過程  1070-1990年代の『セブンティーン』にみる女子中高生の性愛表象の変容  楽しむものとしての“性”はいかにしてもたらされたか―1970-1980年代の『少女コミック』の場合  マンガにおける農村の「性」とジェンダー―「むら」のファンタジー  女性ジャンルに表れる“恋愛”と韓国女性―テレビドラマを通じて ■著者略歴 小山静子 1953年生まれ、京都大学大学院人間・環境学研究科教授 赤枝香奈子 大谷大学文学部講師 今田絵里香 1975年生まれ、成蹊大学文学部講師 ■書誌情報 ・発行:京都大学学術出版会 ・発行日:2014年 ・単行本 / 348ページ