中村淳彦『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

中村淳彦『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』

¥1,100 税込

送料についてはこちら

全国に35万〜40万人が存在すると言われる風俗嬢の過半数以上は、30歳を超える熟年女性だ。ほとんどの女性は数万円の生活費に困って自分の最後の手段であるカラダを売っている。 「もう本当にお金がないから、お金稼がなきゃならないでしょ、焦っているの。昨日、伝言ダイヤルにメッセージ入れたのよ。でも、全然、誰からも連絡ないんだけど」(無職独身・53歳) 日本の熟女たちが直面する、「売春格差」の過酷な実態とは──。 ■目次 第一章:カラダを売れなくなった熟女たち ・53歳元風俗嬢の部屋 ・最低でも13万円は欲しい ・簡単に稼げた時期に、家でゴロゴロしていた ・女版・中年童貞 ・生活保護者専門の奇妙な木造アパート ・AV女優は最後の手段だった ・人生で今が一番幸せ ・友達はみんな自殺した 第二章:熟女AV女優の華麗な履歴書 ・社会のレールに乗り続けた箱入り娘 ・自分の価値観がどんどん変わっていく ・低年齢化する人妻AV ・熟女たちのハダカの偏差値 ・AV女優になった有名宝飾ブランドのオーナー ・1億3千円の借金を返済中 ・最高齢「超熟」AV女優 ・元気の素はセックス 第三章:なぜ熟女は風俗で働くのか ・ベンツに乗ってやってきた金持ちミセス ・風俗嬢になった理由はセックスレス ・男性経験人数は8千人 ・風俗嬢は天職だと思った ・ヒステリーを起こして家を飛び出した ・娘が成人したから好きなことをする ・お母さん頑張るから 第四章:売春格差の厳しい現実 ・46歳バツナシ未婚の美人売春婦 ・39歳で上京、交際クラブ嬢に ・タワーマンション最上階で愛人生活 ・熟女売春のメッカ・鶯谷 ・住宅ローン返済のために売春 ・格安デリヘルの、普通のおばさん 第五章:異常性欲と貧困の果てに ・異常性欲者が集う部屋 ・彼氏の親の介護をしたかった ・嫌な相手でなければ誰とでもセックス ・壊れたシングルマザー ・女が奇声をあげて全裸になる ・旦那に裏切られて頭がおかしくなった ・蛇みたいな顔をした女が睨んでいる ■著者紹介 1972年、東京都生まれ。アダルト業界の実態を描いた『名前のない女たち』『職業としてのAV女優』『日本の風俗嬢』など著書多数。フリーライターとして執筆を続けるかたわら介護事業に進出し、デイサービス事業所の代表を務めた経験をもとにした『崩壊する介護現場』が話題に。近著に『ルポ 中年童貞』『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』など。 ■書誌情報 ・発行:ミリオン出版 ・発行日:2026年 ・単行本 / 191ページ