上間陽子『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

上間陽子『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』

残り1点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

それは、「かわいそう」でも、「たくましい」でもない。この本に登場する女性たちは、それぞれの人生のなかの、わずかな、どうしようもない選択肢のなかから、必死で最善を選んでいる。それは私たち他人にとっては、不利な道を自分で選んでいるようにしか見えないかもしれない。 上間陽子は診断しない。ただ話を聞く。今度は、私たちが上間陽子の話を聞く番だ。この街の、この国の夜は、こんなに暗い。 ――岸政彦(社会学者) 沖縄の女性たちが暴力を受け、そこから逃げて、自分の居場所をつくりあげていくまでの記録。 ■著者紹介 1972年、沖縄県生まれ。琉球大学教育学部研究科教授。専攻は教育学、生活指導の観点から主に非行少年少女の問題を研究。1990年代後半から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの調査・支援に携わる ■書誌情報 ・発行:太田出版 ・発行日:2017年 ・単行本 / 264ページ