宮下規久朗『刺青とヌードの美術史 江戸から近代へ 』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

宮下規久朗『刺青とヌードの美術史 江戸から近代へ 』

残り1点

¥1,067 税込

送料についてはこちら

今日、雑誌や野外彫刻で目にする七頭身美人のヌードとは、全く異なる美の基準に立つ裸体表現が江戸時代に存在した。美人画や刺青画では肌の白さやきめ細かさが重視され、他方、生人形では日常の姿を写し取る究極の迫真性が追求され、生身の人間性を感じさせる淫靡な裸体芸術が花開いた。明治期、人格を除去し肉体を誇示した西洋ヌードを移入すると、伝統の解体や再接続を経て、新たな裸体美が模索される。従来の研究から抜け落ちた美術作品を多数俎上に載せ、日本美術史の書き換えを試みる画期的な論考。 ■目次 序章 ヌード大国・日本を問い直す 第1章 ヌードと裸体―二つの異なる美の基準 第2章 幕末に花開く裸体芸術 第3章 裸体芸術の辿った困難な道 第4章 裸体への視線―自然な裸体から性的身体へ 第5章 美術としての刺青 終章 裸体のゆくえ ■著者紹介 1963年名古屋市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。兵庫県立近代美術館、東京都現代美術館学芸員を経て、現在、神戸大学大学院人文学研究科准教授。専攻はイタリアを中心とする西洋美術史、日本近代美術史。 ■書誌情報 ・発行:NHK出版 ・発行日:2008年 ・単行本 / 235ページ