石田あゆう『図説 戦時下の化粧品広告』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

石田あゆう『図説 戦時下の化粧品広告』

¥4,950 税込

送料についてはこちら

満洲事変以降の戦時体制下における婦人雑誌の化粧品広告の変化から、総力戦下の日本社会を読むビジュアル資料。図版数500点余。資本主義社会の鏡である商品広告。なかでも化粧品広告は、贅沢品であり非必需品であることから、より社会の変化を敏感に写しだしてきた。本書は「非常時」と呼ばれた満洲事変以降の戦時体制下において『主婦之友』を中心とする婦人雑誌の化粧品広告がいかに変化するかを追いながら、女性をめぐる総力戦下の世相を浮かび上がらせるビジュアル資料である。明るい「非常時」を図版数500点余で読む、80年前の「一億総活躍社会」。 ■目次 第1部 化粧品広告揺籃期―1931(昭和6)年11月号から1933(昭和8)年12月号まで  第1章 はじまりの主婦之友社・代理部  第2章 雑誌広告へのモダンデザイン台頭  第3章 懸賞タイアップ広告の数々  第4章 明朗漫画のマスター化粧品広告 <インターミッション◇戦時下創刊の女性誌『新女苑』に見る「若い女性」と化粧品広告> 第2部 化粧品広告興隆期―1934(昭和9)年1月号から1937(昭和12)年9月号まで  第5章 華やかな化粧品広告の世界  第6章 誌面内写真利用広告の展開  第7章 新しい化粧法をどう伝えるか  第8章 なぜか似てくる広告表現  第9章 舶来品との競合 第3部 化粧品広告戦時体制確立期―1937(昭和12)年10月号から1941(昭和16)年12月号まで  第10章 「戦時」を伝える化粧品広告  第11章 「日本」イメージの具現化  第12章 意外と不易な広告デザイン  第13章 総力戦には「若さ」が必要  第14章 主流となる機能性化粧品広告 第4部 化粧品広告衰退期―1942(昭和17)年から1943(昭和18)年まで  第15章 1942年、色刷りありも広告は縮小  第16章 1943年、雑誌広告欄の新聞メディア化  おわりに  主要参考文献 ■著者 1973年大阪生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位認定退学。京都大学博士(文学)。京都精華大学教育推進センター講師を経て、現在桃山学院大学社会学部社会学科准教授。専攻は、メディア社会学、女性雑誌論、広告文化論。著書に『ミッチー・ブーム』(文春新書、2006年)、『戦時婦人雑誌の広告メディア論』(青弓社、2015年)。共著に『博覧の世紀―消費/ナショナリティ/メディア』(梓出版社、2009年)、『近代大阪の出版』(創元社、2010年)、『青年と雑誌の黄金時代 ―若者はなぜそれを読んでいたのか』(岩波書店、2015年)などがある。 ■書誌情報 ・発行:創元社 ・発行日:2016年 ・単行本 / 240ページ