吉見義明,小野沢あかね,金富子,林博史ほか『性奴隷とは何か シンポジウム全記録』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

吉見義明,小野沢あかね,金富子,林博史ほか『性奴隷とは何か シンポジウム全記録』

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

過熱する『朝日新聞』バッシングは、理不尽な「慰安婦」バッシングに転化しています。その最大の焦点が「慰安婦は性奴隷か否か?」でした。そこで、そもそも「性奴隷」とは何かを、3つの角度―戦前の公娼制度、国際法における軍性奴隷制度、現代日本の人身取引問題から論じあいました。本書はその白熱したシンポジウムの全記録です。フィリピンの被害女性の証言、世界の知識人からのメッセージ収録! ■目次 1 プロローグ・連帯メッセージ 2 シンポジウム「性奴隷とは何か」  問題提起―現代奴隷制と性奴隷の理解を深めるために  戦前日本の公娼制度と性奴隷認識  国際法における軍の性奴隷制  現代日本における人身取引問題―性的搾取を中心に  質疑応答) 3 特別寄稿(「慰安婦」制度は、性奴隷なのか―国際法の視点から) ■書誌情報 ・発行:お茶の水書房 ・発行日:2015年 ・単行本 / 133ページ