渡辺信一郎『江戸の色道 古川柳から覗く男色の世界』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

渡辺信一郎『江戸の色道 古川柳から覗く男色の世界』

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

性愛文化の最先端にあった江戸庶民は、男色でも世界をリードしていた。悩ましくも奥深いこの道を図版と古川柳を交えて紹介する。 僧侶、好き者、御殿女中、後家……かれらが足繁く通った場所はどこか? 性愛文化の最先端にあった江戸庶民は、男色でも同時代の世界をリードしていた。その起源から衆道の奥義、武士同士の「念友の契り」、「小僧は脚気の薬」というような俗信、陰間の生態、陰間茶屋の様子まで、女色の「天悦」に対して「大悦」と呼ばれた悩ましくも奥深いこの道を、当時の色道奥義書の図版や古川柳を交えて紹介する。 150年以上前、江戸庶民は異性愛だけでなく男色でも同時代の世界をリードしていた。その起源から、衆道の奥義、武士同士の固い絆に繋がる念契、僧侶の秘められた修行、「小僧は脚気の薬」といった俗信など、もう一つの性を取り上げ、男娼である陰間の生態、殷賑を極めた陰間茶屋まで、悩ましくも奥深いこの道を、当時の色道奥義書の図版や古川柳を交えて紹介する。 ■目次 1 若衆仕立て用のこと 2 通和散のこと 3 若衆・寺小姓・地若衆 4 念者、兄分と弟分 5 小僧は脚気の薬 6 男色嗜好の男たち 7 陰間の生態 8 陰間茶屋の実態 9 陰間茶屋の客 10 肛交の実際 ■著者 江戸庶民文化研究者。1934年東京生まれ。早稲田大学卒。元都立深沢高校校長。1965年より古川柳研究会会員。蕣露庵主人の筆名もある。2004年没。 ■書誌情報 ・発行:新潮社 ・発行日:2013年 ・単行本 / 208ページ