渡辺信一郎『江戸の閨房術』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

渡辺信一郎『江戸の閨房術』

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

女には三つの「玉」がある?! 驚愕すべき江戸の「ハウ・ツー・セックス」。  江戸時代、いかに男女の交合を楽しむかという観点から、多くの色道指南書がまとめられた。『好色訓蒙図彙』『房内戯草』『閨中紀聞 枕文庫』などの諸冊子をひもとき、「玉門品定め」から前戯、交接方法、九体位、「新鉢を割る」方法、秘具・秘薬の実際まで、それぞれ詳細な挿絵を添えて紹介し、当時の庶民文化の先進性を明らかにする。 ■目次 玉門品定め 玉門には三玉あり 開渡しと口吸い・口取り(オーラル・セックス) 津液の神秘(愛液はどこから) 九浅一深(男の効果的な交合運動) 交合体位(どんな接し型があるか) 世界に冠たる色道の奥義 夜這の法と目視の法 新鉢を割る 女の立場からの交合 尻は格別(衆道の楽しみ方) 『秘事作法』にみる御殿女中の性の奥義 江戸の閨房秘具と秘薬 ■著者 江戸庶民文化研究者。1934年東京生まれ。早稲田大学卒。元都立深沢高校校長。1965年より古川柳研究会会員。蕣露庵主人の筆名もある。2004年没。 ■書誌情報 ・発行:新潮社 ・発行日:2005年 ・単行本 / 221ページ