八木澤高明『花電車芸人 色街を彩った女たち』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

八木澤高明『花電車芸人 色街を彩った女たち』

残り1点

¥990 税込

送料についてはこちら

表の歴史には絶対に出なかった、知られざる裏芸能史! 花電車芸とは、女性器を使って芸をすることである。 花電車(装飾された路面電車)は客を乗せないことから、男を乗せない芸者がそう呼ばれるようになった。 戦後の色街や花街の摘発によって職を失った芸妓たち。彼女たちはストリップ劇場に流れ、芸を披露してきたのだ。 しかし、日本で花電車芸を披露する者は、いまや十指にも満たない。 テレビで映される芸ではない。伝統芸能として称賛され、国から保護される芸でもない。 だが、世の片隅で人々の心をとらえ続けてきた庶民の芸である。 女性器を使って、バナナを切る、ラッパを吹く、吹き矢を飛ばす、火を噴く、花を活ける、台車を引く、コインを一枚一枚出していく等々。 前代未聞の芸が脈々と伝えられていた。 いつ始まった?秘技はどう受け継がれてきたのか? 色街を取材し続けたルポライターが秘史を探る! 正史では触れられない、庶民の芸の歴史と芸人の姿。 「私のお股から火を噴いてみせましょう」 「コインを一枚一枚、アソコから出していくんですよ」 人は生きていくうえで、闇を必要とする。かつてはその闇がストリップ劇場であり、見世物小屋であったのだ。 ■目次 第1章 生ける伝説、ファイヤーヨーコ  変わらぬ芸を披露し続けるストリッパー  女性器を使って芸をする 第2章 花電車芸、その起源を探る  口伝;遊廓は街外れに追いやられた 第3章 異端の芸人たちは極みに至る  コロンビア人の踊り子  ストリップだけを生業にして劇場を回る花電車芸人 第4章 ストリッパーたちは見た  世の中の片隅で人々の心をとらえ続けてきた芸  ストリップ劇場の楽屋で過ごした子ども時代 第5章 花街、その興亡をたどる  どん底から復活した熱海  温泉場は江戸時代に庶民の遊興場になった ■著者 1972年神奈川県生まれ。写真週刊誌『フライデー』カメラマンを経て、2004年よりフリーランス。『マオキッズ─毛沢東のこどもたちを巡る旅』で2012年第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。その他の著作に『黄金町マリア』、『娼婦たちから見た日本』などがある。 ■書誌情報 ・著者:八木澤高明 ・発行:集英社 ・発行日:2018年 ・文庫 / 376ページ