氏家幹人『江戸の性風俗 笑いと情死のエロス』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

氏家幹人『江戸の性風俗 笑いと情死のエロス』

残り1点

¥792 税込

送料についてはこちら

「性」のありようから江戸時代を読みかえる。「肌をゆるす」とはどういうことだったのか。猥談の効用、高貴な人々の性、男同士の絆、恋と色のゆくえ。史料を自在に繙き、「性」の営みから語る江戸の精神史。 ■目次 ・良寛さんと「ひとり遊び」 ・川路家の猥談 ・京都慕情――雅びとエロス ・春画の効用 ・薬としての男と女 ・男色の変容 ・肌を許すということ ・恋のゆくえ ・日本性愛史における江戸の可能性 ■著者 1954年、福島生まれ。東京教育大学文学部卒業。日本近世史専攻。著書に『江戸藩邸物語』『殿様と鼠小僧』―ともに中公新書、『江戸の少年』―平凡社、『小石川御家人物語』―朝日新聞社―など。 ■書誌情報 ・発行:講談社 ・発行日:1998年 ・新書 / 220ページ