沢山美果子『性からよむ江戸時代 生活の現場から』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

沢山美果子『性からよむ江戸時代 生活の現場から』

残り1点

¥902 税込

送料についてはこちら

小林一茶はなぜ妻との交合をつぶさに書き留めたのか。生まれた子は自分の子ではないと言い張る夫と妻の裁判の行方は。難産に立ち合った医者の診療記録にみる妊婦の声や、町人が記す遊女の姿……。史料の丹念な読み込みから、江戸時代に生きた女と男の性の日常と、それを規定する「家」意識、藩や幕府の政策に迫る。 ■目次 第一章 交わる、孕む――小林一茶『七番日記』  1 交合を記録する一茶  2 一茶と菊の性の営み  3 性と禁忌 第二章 「不義の子」をめぐって――善次郎ときやのもめごと  1 村・藩を巻き込んだ騒動  2 裁定の背景  3 善次郎ときやの、その後――家、村、藩 第三章 産む、堕ろす、間引く――千葉理安の診療記録  1 記録された産の現場  2 産と堕胎の両義性  3 堕胎を試みる女たち 第四章 買う男、身を売る女――太助の日記  1 性買売の大衆化  2 「隠売女」の出自を探る  3 売られる娘 第五章 江戸時代の性  1 生類憐み政策から妊娠・出産管理政策へ  2 養生論にみる性意識  3 農民にとっての家と「仕合」  4 江戸時代から近代への転換 ■著者 沢山美果子 1951年福島県生まれ1979年お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科人間発達学専攻修了、博士(学術)。現在―岡山大学大学院社会文化科学研究科客員研究員、ノートルダム清心女子大学非常勤講師。著書―『出産と身体の近世』(勁草書房、1998年、第14回女性史青山なを賞受賞)/『性と生殖の近世』(勁草書房、2005年)/『江戸の捨て子たち――その肖像』(吉川弘文館、2008年)/『近代家族と子育て』(吉川弘文館、2013年)/『江戸の乳と子ども―いのちをつなぐ』(吉川弘文館、2017年) 編著―『働くこととジェンダー』(世界思想社、2008年)ほか ■書誌情報 ・発行:岩波書店 ・発行日:2020年 ・新書 / 200ページ