未央佐希子『からゆきさん』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

未央佐希子『からゆきさん』

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

「からゆきさん」とは、明治中期から昭和初期に海外の 歓楽街に密航させられた天草、南島原出身の若い女性の こと。女衒という仲介業者の甘い言葉にのせられ、 長崎、口之津、唐津、門司などの港から外国航路の船で ひそかに密航した。 貧しい実家の両親には多額の送金がとどいた。 しかし、彼女たちのかせぎの実態は― ■目次 第1章 からゆきさんと風土 第2章 からゆきさんの積み出し 第3章 花街(ステレツ)の全盛と隠されて悲惨な事実 第4章 からゆきさん追放 第5章 長崎県の密航者数と故郷への送金額 第6章 からゆきさんのアイデンティティー 第7章 「東洋日の出新聞」記事の中から ■著者紹介 未央 佐希子 大阪府生まれ。長崎に住み、学習塾を開設。子どものころからの夢だった寺子屋の先生をやり終える。著書『祈る人 隠れキリシタンの娘』(長崎新聞社) ■書誌情報 ・発行:長崎文献社 ・発行日:2020年 ・単行本 / 164ページ