茶園敏美『もうひとつの占領 セックスというコンタクト・ゾーンから』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

茶園敏美『もうひとつの占領 セックスというコンタクト・ゾーンから』

残り1点

¥2,640 税込

送料についてはこちら

占領兵との強姦、売買春、恋愛、妊娠、出産、結婚まで……圧倒的な権力の非対称のもとで、苦難の「あの時代」を生き延びた日本女性の生存戦略は何だったのか ■目次 第1部 レイプの生存戦略/ 第2部 売買春の生存戦略(占領兵をスポンサーに)/ 第3部 恋愛の生存戦略(占領兵を虜にする女性たち/ 占領兵の意のままにならない女性たち ほか)/ 第4部 結婚の生存戦略(占領兵から結婚の約束を引き出す女性たち/ 占領兵のプロポーズをかわす女性たち)/ 第5部 性暴力連続体での生存戦略(同じ兵士の性暴力連続体でのサバイバル/ 異なる兵士の性暴力連続体でのサバイバル)/ 第6部 占領兵との婚姻と混血児をめぐって(占領兵との婚姻をめぐって/ 占領兵との子どもをめぐって) ■著者略歴 茶園敏美 京都大学学際融合教育研究推進センターアジア研究教育ユニット(KUASU)研究員。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。大阪大学博士(文学)。ジェンダー史、他者表象、パンパン。占領期の性病検診 ■書誌情報 ・発行:インパクト出版 ・発行日:2018年 ・単行本 / 224ページ