藤井誠二『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

藤井誠二『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』

¥990 税込

送料についてはこちら

消された街を巡る〝沖縄 闇の戦後史〟 風俗と歴史の双方の視点から主題が照らし出されているところに迫力がある。 2010年代初め、「沖縄の恥部」とまで言われた売春街が、浄化運動によって消滅した。戦後間もなく駐留する米兵たちによる性犯罪や性病の蔓延を緩和するための色街だった。著者は売春に従事する女性、風俗店経営者、ヤクザに綿密なインタビューを敢行。なぜ米兵や県外の観光客までこぞって遊びに訪れた色街は消されたのか? 沖縄の"もう一つの戦後史"を炙り出す比類なきノンフィクション。 ■著者紹介 藤井誠二(ふじいせいじ)1965年愛知県生まれ。ノンフィクションライター。愛知淑徳大学非常勤講師。教育問題、少年犯罪、犯罪被害者の問題などの社会的背景に迫る。ラジオやテレビコメンテーター、インターネット放送のパーソナリティも務めている。著書、共著など五〇冊以上。 ■書誌情報 ・発行:集英社 ・発行日:2021年 ・文庫 / 464ページ