渡辺憲司『江戸遊女紀聞 売女とは呼ばせない』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

渡辺憲司『江戸遊女紀聞 売女とは呼ばせない』

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

売春と社会のパラドックスに生きた全国各地の遊女たちの実像に迫る。 「不義にして義あり、不道にして道あり」(藤本箕山『色道大鏡』)―太夫から飯盛女まで、各地の遊女一人ひとりの知られざる生涯に光をあて、新しい遊女研究への視座を提示する。 ■目次 はじめに 売女とは呼ばせない 第一章 『色道大鏡』の周辺 第一節 破家者藤本箕山の好色道 第二節 遊里百科全書『色道大鏡』の世界 第三節 公界の遊女たちの苦界 第二章 太夫の周辺――都会の遊女たち 第一節 『源氏物語』を読む遊女「八千代」京 第二節 縄暖簾からのぞく立兵庫の遊女 第三節 鼻歌をうたう遊女「小藤」大坂 第四節 情け第一の遊女「吉野」京 第五節 意気地の遊女「高尾」江戸 第三章 飯盛女の周辺――地方の遊女たち 第一節 父子相姦の悲劇「鍋子」奥州中山 第二節 親孝行な遊女「浅間」長州下関 第三節 俳人遊女「哥川」越前三国 第四節 自害する遊女「千代」信州軽井沢 第五節 瀬戸のヴィーナス 芸州御手洗 第六節 ラシャメン「お玉」蝦夷箱館 第七節 流人遊女「さよ」能登門前・加賀五箇山 第四章 作法に縛られる遊女 第一節 放屁する遊女――笑えぬ女たち 第二節 台所の遊女――夜食雑考 第三節 床入りの遊女――性の品格 第五章 東アジアの遊女へ 韓国「論介」の義/中国「李香君」の侠/琉球「ユシヤ」の孝/「吉野」の情/遊女賞讃のキーワード ■著者紹介 渡辺憲司(わたなべけんじ) 自由学園最高学部長。立教大学名誉教授。日本近世文学・文化。博士(文学)。1944年12月15日、北海道函館市生まれ。68年、立教大学文学部卒業。76年、同大学院文学研究科日本文学専攻博士課程満期退学。横浜市立横浜商業高等学校(定時制)、私立武蔵高等学校・中学校教諭、梅光女学院大学(現・梅光学院大学)短期大学部・文学部助教授などを経て、立教大学文学部教授。立教新座中学校・高等学校校長などを経て、現職。 ■書誌情報 ・発行:ゆまに書房 ・発行日:2013年 ・四六版 / 364ページ