山崎朋子『サンダカン八番娼館』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

山崎朋子『サンダカン八番娼館』

残り1点

¥880 税込

送料についてはこちら

かつて〝からゆきさん〟と呼ばれた女性たちがいた──。歴史に埋もれた女性たちの声を刻みこむ「底辺女性史」の名著、新装決定版! 「からゆきさんと呼ばれる海外売春婦についての研究とも紀行ともつかないこの書物は、わたしが、この老からゆきさんと三週間あまりひとつ家に生活した記録であり、ふたりの偶然のめぐり逢いが決定的な契機となっている」(プロローグより) 〝からゆきさん〟──戦前の日本で十歳に満たない少女たちが海外に身を売られ、南方の娼館で働かされていた。そうした女性たちの過酷な生活と無惨な境涯を、天草で出会ったおサキさんから詳細に聞き取り綴った、底辺女性史の名著新装版。東南アジアに散った女性たちの足跡をたどるルポルタージュ『サンダカンの墓』も収録。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作 ■著者紹介 山崎朋子(やまざきともこ) 昭和7年生まれ。福井県出身。福井大学学芸部二部修了後、小学校教師等を経て女性史研究に入る。1973年、『サンダカン八番娼館』(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)で世評を得、以後「底辺女性史」を掘り起こす作品に力をこめた。海外売春婦より「青鞜」の評論家となった山田わかの人生をたどった『あめゆきさんの歌』、戦争の悲惨を描いた『鳴潮のかなたに』、『引き裂かれた人生』など。 ■書誌情報 ・発行:文藝春秋 ・発行日:2008年 ・文庫 / 438ページ