カストリ書房限定『満すみ写真集 House of Desires』豆本プレゼント
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

カストリ書房限定『満すみ写真集 House of Desires』豆本プレゼント

残り2点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

朽ち果てつつある日本の遊郭跡を後世に残したい、との想いから立ち上がった『満すみ プロジェクト』が製作した写真集。 カストリ書房限定で、豆本「売春防止法施行後の飛田新地」プレゼント。 大阪の歓楽街、飛田新地の外れにたたずむ「満すみ」。公娼制度が在りし頃、大勢の娼妓を抱える満すみは刹那の快楽を求める客で賑わいを見せました。それから半世紀以上が過ぎた今、役割を終えた満すみは静かに時を刻んでいます。 映画『吉原炎上』や週刊少年ジャンプで連載された「鬼滅の刃」など遊廓をテーマにした作品は数多くありますが、売春防止法が完全施行された1958年以降、遊廓と呼ばれた場所の多くが姿を消しました。その中にあって、建物の傷みこそ激しいものの、満すみには往事の賑わいと遊廓建築の痕跡が随所に残っています。 この元遊廓物件は1929(昭和4)年に建てられ、1958(昭和33)年の売春防止法完全施行後は「満すみ」という屋号で、飛田新地に特有の「料亭」として風俗営業を続けていました。1990年代後半に廃業した後は、空き家のまま放置されております。長年、空き家として風雨にさらされた結果、建物の老朽化が進んでおり、いつ解体されてもおかしくありません。 もっとも、一歩中に足を踏み入れれば、大正から昭和初期にかけて、西洋文化と日本文化が融合した時代の妓楼建築の特徴が至るところに遺されています。 例えば、1階にあるバーカウンターを併設した空間。満すみが建てられた昭和初期は古めかしい遊廓建築よりもモダンな西洋建築が好まれていた時代です。遊び方も、江戸時代は茶屋で遊興した後に遊女と妓楼に上がるという形が良しとされていましたが、大正時代になると、女給のいるカフェが登場するなど、性サービスのコンビニエンス化が進みました。満すみに併設されたダンスホール然とした空間はその時代の名残。ここで客と女性が踊り、お酒を飲んだ後に座敷に上がったのでしょう。 本プロジェクトでは、江戸時代から続く遊廓の歴史や建築としての特徴、建物を通して垣間見える文化や習俗を後世に伝えるため、建物が解体される前に満すみに遺された遊廓の記憶を写真集という形で記録。 ■書誌情報 ・発行:蛙企画 ・発行日:2021年 ・A4変形