藤村誠『新潟の花街 古町芸妓物語』
5d01e2dac3a96742b3712186

藤村誠『新潟の花街 古町芸妓物語』

残り3点

¥1,540 税込

送料についてはこちら

新潟県の遊里史研究第一人者、藤村誠氏の遺稿。 タイトルは「花街」「芸妓」ですが、江戸時代は遊廓・遊女メインで説明しています。なぜこのタイトルにしてしまったのか……。 元禄期に黄金時代を迎える新潟湊、その繁栄は当然色里ににぎわいをもたらした。江戸時代から全国屈指の「遊所」と知られた新潟の花街の盛衰と歩みを、豊富な図版と資料でたどる新装版。 ■著者略歴 藤村誠(ふじむらまこと) 1925年新潟市生まれ、2013年没。新潟大学卒。教員生活を経て、新潟市郷土資料館嘱託、新潟市史編纂執筆委員を歴任。著書に『湊町新潟に伝承する文化・芸能の歴史的資料』(共著)など ■書誌情報 ・著者:藤村誠 ・発行:新潟日報事業社 ・発行日:2014年 ・四六版 / 276ページ