佐木隆三『沖縄と私と娼婦』
5cdbd4ecadb2a13ad286788d

佐木隆三『沖縄と私と娼婦』

残り1点

¥880 税込

送料についてはこちら

アメリカ統治下の沖縄。ベトナム戦争が激化するなか、米兵相手に生きる風俗街の女たちの姿をヒリヒリと肌を刺す筆致で描いた傑作ルポ。 ベトナム戦争への出撃基地となったアメリカ統治下の沖縄。1960年代末の返還運動、ベトナム反戦闘争が激化する時代、夜の風俗街に生きた人々。沖縄地上戦の傷痕、米軍最優先社会、生死隣合わせの米兵たち…。それらの矛盾を一身に背負った女たち。その姿をヒリヒリと肌を刺すような筆致で描く。今に続く沖縄が抱える問題の原点を激しく問いかける歴史的名著。 ■目次 序 琉球から日本へ、娼婦から主婦へ 1 娼婦と私の八月十五日(特飲街・十貫瀬の生理/売春婦と買春夫の快楽 米人女性強姦は幻の犯罪 黒人女兵士ルーシー 少年の玩具は髑髏) 2 娼婦と日の丸 “沖縄人”のベトナム戦争 パイン畑の主席選挙 慰霊塔の涙と奇跡の一マイル 3 女たちの生地獄 Aサインバーの国際結婚 小鳥を飼う混血の非行少年 恋文横丁のハーニイたち 4 不条理の島の苛だち コーラ割り泡盛の味 白ブタと“はまやあ”の対話 歌と踊りとトカゲのシッポ 5 ひめゆり丸の健児たち(沖縄病患者の船酔い 三味線をひく少年 集団就職は祖国復帰の先発隊 めんそうれ食堂の御通帳 辛抱と根性の“成功者” ゼネスト回避と本土見物 ■著者略歴 佐木隆三 1937年旧朝鮮咸鏡北道で生まれる。小説家、ノンフィクション作家。高校卒業後、八幡製鐵入社。在職中の1963年、『ジャンケンポン協定』で新日本文学賞受賞。1964年から文筆活動に専念。1976年、実在の連続殺人事件をモデルとした『復讐するは我にあり』で第74回直木賞受賞。1991年、『身分帳』で第2回伊藤整文学賞受賞。北九州市立文学館館長、九州国際大学客員教授などを務めた。2015年没 ■書誌情報 ・著者:佐木隆三 ・発行:ちくま書房 ・発行日:2019年 ・文庫 / 285ページ