【カストリ書房限定】石内都『Endless Night 2001 連夜の街』(著者サイン入り)
5c19a7ec2a28624ab761a3f0 5c19a7ec2a28624ab761a3f0 5c19a7ec2a28624ab761a3f0

【カストリ書房限定】石内都『Endless Night 2001 連夜の街』(著者サイン入り)

¥3,850 税込

送料についてはこちら

版元で品切れ中の本書が緊急入荷! 赤線跡の、人間のいとなみとしての象徴的建造物には、時代の現せ身の切ない美しさと醜さが表面に浮き上がる。81年朝日ソノラマ刊「連夜の街」の再プリント。 ■著者略歴 石内都(いしうちみやこ)1970年代後半より写真を始める。『アパート』(写真通信社、1978)、『絶唱・横須賀ストーリー』(同、1979)、『連夜の街』(朝日ソノラマ、1981)の初期三部作を経て、『1・9・4・7』(IPC、1990)で同い歳の女性の手と足のシリーズを発表、以後、身体の部位や皮膚を撮影。『1906 to the skin』(河出書房新社、1994)、『Hiromi 1955』(筑摩書房、1995)、『さわるChromosome XY』(新潮社、1995)、『YOKOSUKA AGAIN 1980‐1990』(蒼穹舎、1998)、『爪』(平凡社、2000)等の写真集、エッセイ集『モノクローム』(筑摩書房、1993)を出版。 ■書誌情報 ・著者:石内都 ・発行:ワイズ出版 ・発行日:2001年 ・B5変形 / 91ページ