おやけこういち『華やかに夜を彩る芸妓の時代』(福島県いわき市芸妓調査)
5b16303ba6e6ee1094000bdb 5b16303ba6e6ee1094000bdb 5b16303ba6e6ee1094000bdb 5b16303ba6e6ee1094000bdb 5b16303ba6e6ee1094000bdb 5b16303ba6e6ee1094000bdb

おやけこういち『華やかに夜を彩る芸妓の時代』(福島県いわき市芸妓調査)

¥864 税込

送料についてはこちら

『福島県の〝平遊郭〟とその時代』の著者おやけこういち氏の新作。一般書店に流通しないレア本。 ▼『福島県の〝平遊郭〟とその時代』 https://kastoripub.stores.jp/items/58afd8ea9821cc40b90000c5 昭和30年代の芸妓置屋名簿を元にして、いわき地方(平、小名浜、磐城市、植田、湯本、四倉)に点在した芸妓屋(置屋)の位置をプロット。 いわき地方の芸妓の変遷、社会的役割、都市・街との関わり、盛衰を調査。 ■目次 ・芸妓の形態と社会的な位置づけ ・いわき地方における芸妓と芸妓屋の状況 ・地域特色と芸妓屋 ・芸妓屋の所在分布と都市の関係 ・戦中・戦後における芸妓屋の苦境 ・芸妓活況期の状況と県内の位置 ・芸妓の立場と活動 ・芸妓の稼ぎ高、借財、年令層、出身 ・芸の研鑽 ・芸妓の人気 ・社会変化に対応 ・芸妓組合と料亭(料理店)組合との確執 ・ホステス(社交員)の登場 ・いわき地方の花街  平/小名浜/植田/湯本/四倉 ・芸妓文化の消滅 ■書誌情報 ・著者:おやけこういち ・発行:おやけこういち ・発行日:2018年4月21日発 ・29ページ / モノクロ