宮崎康平 『からゆきさん物語』
5b0d111e5496ff7b49000a52 5b0d111e5496ff7b49000a52 5b0d111e5496ff7b49000a52

宮崎康平 『からゆきさん物語』

¥2,700 税込

送料についてはこちら

未完の大作、ついに単行本化。 からゆきさんの真の姿を残したい—。宮崎康平畢生の作品。 料亭に奉公していた夏代は、病持ちの父親と幼い妹をのこして母に死なれ、全く途方にくれていた−。「からゆき」としてシンガポールに渡った女性の実録を元に書き起こした小説。『九州文学』連載の「ピナンの仏陀」を単行本化。 ■目次 ■著者略歴 宮崎康平(みやざきこうへい) 長崎県生まれ。早稲田大学文学部卒業。島原鉄道常務取締役。鉄道建設の際の土器出土に興味を示し、考古学を志す。67年「まぼろしの邪馬台国」で第1回吉川英治文化賞受賞。1980年没。 ■書誌情報 ・著者:宮崎康平 ・発行:不知火書房 ・発行日:2008年11月10日 ・B6 / 331ページ / モノクロ