西潟浩平 『カストリ雑誌創刊号 表紙コレクション』
hot
5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071 5ae3f378434c7232d2000071

西潟浩平 『カストリ雑誌創刊号 表紙コレクション』

¥3,132 税込

送料についてはこちら

戦後初のエロ本であるカストリ雑誌、貴重な創刊号表紙を集めたコレクション集!これでもか!というくらいカストリ雑誌が詰まってます。 戦後昭和21〜24年のわずかな期間に発行されていた大衆娯楽誌群を指して、誰ともなく「カストリ雑誌」と呼んだ。粗悪な用紙に退廃的な性を描いた記事を印刷し、原色の表紙で包んだ薄っぺらな雑誌に、荒んだ戦後の世相の中、大衆は飛びつき、貪った──。 戦後70年余を経て、カストリ雑誌のコレクション集がついに発売! 戦前生まれのカストリ雑誌コレクター西潟浩平氏が収集した貴重な創刊号116誌表紙をフルカラーで全収録。 戦後初の発禁本(刑法175条適用)である『猟奇』。戦前の内務省警保局に代わり、検閲を行ったGHQ配下機関CCD(民間検閲局)をして、「良俗の堕落に満ち満ちている」と評された。カストリ雑誌の嚆矢にして、カストリ雑誌の典型モデルともいえる『猟奇』の盛衰小史を、当時実際に用いられた検閲文書から探る。 これまで関係者の証言や記憶に頼って綴られてきたカストリ雑誌の特徴やその歴史。本書では創刊号の書誌データを統計的に分析。価格、ページ枚数、発刊ピークなどをグラフ化し、定量化。今後のカストリ雑誌研究の指針を示す。 ■目次 ・創刊号表紙コレクション(116誌) ・カストリ雑誌小研究  カストリ雑誌統計データ  カストリ雑誌の始まりと終わり  検閲文書にみる『猟奇』の廃刊まで  『猟奇』が発禁(刑法175条)となった理由 ・創刊号 書誌情報 ・創刊号 目次 ・解説 ・参考文献 ■書誌情報 ・著者:西潟浩平 ・編集解説:渡辺豪 ・発行:カストリ出版 ・発行日:平成30年4月25日 ・B5 / 154ページ / カラー