川上讓治『すとりっぷ小屋に愛をこめて』
new
5abb2b76122a7d3509000dd4 5abb2b76122a7d3509000dd4 5abb2b76122a7d3509000dd4 5abb2b76122a7d3509000dd4 5abb2b76122a7d3509000dd4

川上讓治『すとりっぷ小屋に愛をこめて』

¥864 税込

送料についてはこちら

新たな地平をと熱い思いで疾走し続けたすとりっぷ小屋人生。それもどうやら先が見えてきた。 時に、新風営法施行前夜。 それではレッツゴーミュージック。 ■目次 ・ストリップとの遭遇 ・温泉ストリップ ・いきなり社長になった ・企画集団『DXブレーン』 ・マリ千鶴との出会い ・「マッチ売りの少女」 ・「ポロライド・ショー」 ・なんで本番やるのか ・ニューヨーク公演に賭ける ・複雑至極な人事のからくり ・ついに俺も逮捕 ・芸能プロダクション設立 ・シアターパラダイス ・シアター・ニューモダンアート ・「ラスト・ストリップ」 ■著者略歴 川上讓治(かわかみじょうじ) 写真家。1950年島根県浜田市生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科を中退後、76年にストリップ小屋「新宿モダンアート」に投光係として就職。79年『DXブレーン』を結成し、ストリップ興行師として独立。2007年に廃業するまで、ショーアップした企画モノのストリップを次々に考案、プロデュースした。アングラ劇団、前衛舞踏との接点も多く、ストリップ、演劇、SMが融合したユニークなジャンルを確立したことでも知られる。この間、亜細亜大学法学部、大阪芸術大学大学院(写真専攻)に社会人入学する。以後、写真展を精力的に開催。 ■書誌情報 ・著者:川上讓治 ・発行:人間社 ・発行日:平成27年4月1日 ・文庫 / 327ページ / モノクロ