加藤政洋『花街 異空間の都市史』
5a869c8fe5ba081312000078 5a869c8fe5ba081312000078 5a869c8fe5ba081312000078 5a869c8fe5ba081312000078

加藤政洋『花街 異空間の都市史』

残り3点

¥1,512 税込

送料についてはこちら

都市の繁栄の中心に、常に寄り添うように存在しながら、「語られざるもの」「隠されたもの」として歴史の隙間に埋もれていった<花街>。 往事の繁栄もいまいずこ、もはや痕跡すらとどめていない場所も多いが、その「配置」や「来歴」には、時の権力者の意図がくっきりと刻印されていたりもする――全国100都市に及ぶ現地研究が、「遊郭」や「色街」とも違う、その隠された歴史、都市形成に果たした役割をあぶり出す。 ■目次 ■ 目次 序章 花街のイメージ 都市の空間的共通項――全国六百カ所―― 花街とは何か 近代の所産 本書の構成 第1章 花街――立地・制度・構成―― 1 遊廓と花街 2 地図から読み取れること/読み取れないこと 長野市の花街 高田市の花街 呉市の花街 佐世保市の花街 3 立地と形態からみた「花街」の類型 播但地方の事例から 「花街」の3類型 4 花街の構成と制度 東京の二業地・三業地 大阪の花街 名古屋の「連」 5 本書に登場する花街 第2章 都市再開発から生まれる花街 1 丸の内の再開発――番廓(和歌山)―― 2 変貌する殿様の庭園――衆楽園(鳥取)―― 駅前の遊廓 城主の庭園から遊興空間へ 3 殿様御殿の末路――千歳御殿(富山)―― 「千歳御殿」の変貌 遊廓から「花街」へ 4 墓地は賑わいを呼ぶーー南林寺町(鹿児島)―― 近代都市と墓地 南林寺町と鹿児島の「花街」 5 跡地の花街 第3章 街のインキュベーター 1 新開町の変容――『にごりえ』(樋口一葉)と『縮図』(徳田秋声)のあいだ―― 2 少年Hの好きな街――神戸市の近郊「西新開地」―― 「西新開地」という呼称 新市街の発見と驚き 「西新開地」形成の背景 盛り場「西新開地」の特色 「花街」としての「西新開地」 新市街と花街 3 再び「新開の町」をめぐって 第4章 慣例地から開発地へ――東京の近代花街史―― 1 ひとつの江戸―東京論――「花街」の成立と立地―― 『おかめ笹』の一場面より 江戸―東京の「慣例地」 2 「慣例地」の形成――江戸~幕末・維新期―― 江戸期成立の花街 幕末・維新期成立の花街 花街の銀座 留守居茶屋と《赤坂》 《新島原》の廃止と《新富町》の成立 《九段》の成立 《四谷》と《神田》 「慣例地」と都市空間 3 開発のはじまり――《白山》の指定―― 秋本鉄五郎の運動 地区指定の許可権 『縮図』に描かれた《白山》の歴史地理 4 大正期の地区指定――《白山》のノウハウの移転―― 《麻布》の成立 白山三業株式会社の創立と大正芸妓 《大塚》の地区指定 《駒込》の地区指定 その他の地区指定 《白山》指定の意味 5 ウォーターフロントの「花街」 《芝浦》と「芝浦恊働会館」 《品川》の移転問題 《大森海岸》と《大井》《大森新地》 高橋誠一郎「大森海岸」の舞台は《森ケ崎》か? もうひとつのウォーターフロント 6 警視総監の「置土産」――昭和初年―― 警視総監の辞任と指定地の認可 《白山》の拡張と鳩山一郎 《蒲田新地》の地区指定 地区指定の実際 第5章 遊蕩のミナト――神戸の近代花街史―― 1 新興都市・神戸 「大神戸新八景」 ミナト神戸の成り立ち 2 新設・分裂・移動――明治初期の花街―― 開港元年の遊廓 廓政策の転換――「集娼」から「散娼」へ―― 分裂する花街――《柳原》と《新川》―― 移動する花街――元町と《花隈》―― 3 寺社周辺の花街――明治後期以降の立地―― 中心部の「花街」――三宮神社界隈―― 東郊の花街――敏馬神社界隈―― 西郊の花街――須磨神社界隈―― 4 「新地」の形成――風俗取り締まりの帰結として―― 東新開地 幻の花街――《花町新地》―― ミナト名物をめぐる警察活動 第6章 遊所から新地へ――大阪の近代花街史―― 1 岸本水府の「大阪の花街」案内 「送り込み」と「居稼(ルビ:てらし)」 2 「遊所」の再編――江戸から明治へ―― 「遊所」の立地と《松島遊廓》 「(泊)茶屋」の集合地帯 禁止された遊所のその後 「居稼店」の衰退 曾根崎遊廓の廃止――最初の芸娼分離―― 3 《飛田遊廓》の誕生 「南の大火」 遊廓新設の言い分 土地建物会社の経営 経営上の特質 新遊廓の風景 4 大正期の新地開発 花街化する新世界 「大正芸妓」の登場 《南陽新地》の誕生 場所の系譜 新地開発の失敗――松島遊廓移転疑獄事件―― 5 《今里新地》の開発と発展 芸妓居住指定地の許可 「松島遊廓移転疑獄事件」の後始末 《今里新地》の開発と発展 《今里新地》の風景 6 新地の開発史 第7章 謎の赤線を追って――鹿児島近郊の近代史―― 1 消えた遊廓、そして謎の赤線 2 鹿児島の近郊 近郊の近代 遊蕩のトポス 3 近郊の名所 櫨木馬場(ルビ:はぜのきばば)温泉 「永吉の料亭」 4 櫨木馬場とメディア・イベント 「櫨木馬場」から「桜馬場」へ 観桜会の余興 鹿児島の小墨堤、その後 「赤線」はまぼろしか 終章 なぜ、花街か? 文献一覧 図表類出典一覧 花街関連用語集 ■著者 略歴 加藤政洋(かとう・まさひろ) 1972年長野県生まれ、2000年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程修了、博士(文学)。専攻は文化地理学。流通科学大学商学部助教授 ■書誌情報 ・著者:加藤政洋 ・発行:朝日新聞社 ・発行日:平成17年10月7日 ・B6ソフトカバー /326ページ / 本文モノクロ