図説 浮世絵に見る江戸吉原
5a8689c43210d56e1a00002c 5a8689c43210d56e1a00002c 5a8689c43210d56e1a00002c 5a8689c43210d56e1a00002c 5a8689c43210d56e1a00002c

図説 浮世絵に見る江戸吉原

残り2点

¥1,944 税込

送料についてはこちら

不夜城・吉原は、封建社会に縛られた江戸庶民たちの非日常の夢、「粋」を愛する江戸町人文化の一大開花の地であった。 吉原を描いた多数の浮世絵とともに、遊女やその生活、風俗、行事、歴史などを紹介。 ■目次 遊女 吉原廓内 遊女屋 廓の人々 吉原通い 年中行事 吉原風俗 吉原遊興 後朝の別れ 遊女の生活 遊女伝説 吉原の歴史 ■著者 佐藤要人(さとう・ようじん) 早稲田大学専門政経卒業・高師部国漢科中退。近世文化研究会会長。主要著書『新造図彙注解』『江戸深川遊里志』『江戸水茶屋風俗考』『江戸川柳便覧』他。 藤原千恵子 (ふじわら・ちえこ) 慶應義塾大学文学部卒業。銀河社編集長。『原色浮世絵大百科事典』(全十一巻)の編纂に従事。編著書に『図説 浮世絵に見る江戸っ子のたしなみ』『図説 浮世絵に見る日本の二十四節気』(河出書房新社)等がある。 ■書誌情報 ・著者:佐藤要人 藤原千恵子 ・発行:河出書房新社 ・発行日:2007年1月30日 ・A5変形ソフトカバー /128ページ/ カラー / 本文カラーモノクロ