11/19《新刊付き》遊廓トークイベント&サイン会 八木澤高明『色街遺産を歩く』刊行記念
new
59f2defa428f2d6073000299 59f2defa428f2d6073000299

11/19《新刊付き》遊廓トークイベント&サイン会 八木澤高明『色街遺産を歩く』刊行記念

¥4,752 税込

送料についてはこちら

11/17、遊廓や青線などについて多くの著作を持つ八木澤高明さんの新刊『色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町』(実業之日本社発行)が発売されます。  次の日曜日である11/19に新刊発売を記念し、トークイベント&サイン会を開催します。 新刊発売の特典として、トークイベントに新刊(2,592円税込)が付く、お得なチケットです。  遊廓・私娼窟・赤線・青線、呼び名や成り立ちはそれぞれ違えど、近現代に膨張し、また一瞬で消滅していった色街たち───。わずか約60年前までは、政府が黙認し、公然と営業する売春街が日本に存在した。近年まで、売春業を営む業態は街の影の中にひっそりと生き続けてきていた。2017年の今、それら色街の残滓はその跡さえ分からないほどに消え入ろうとしている。  著者の八木澤氏は、そうした色街を数多く取材し、街の外側から眺めるのではなく、そこで働く女性や、過去の歴史を知る住人へ取材を重ねてきた色街フィールドワーカー、第一人者のお一人。  八木澤氏による〝今の消えいる色街〟を活写した待望の新刊『色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町』が遂にリリース。カメラマンでもある同氏が撮影した貴重な写真も多く収録。  著者ご本人から本書企画の経緯は? 思い出深い色街でのエピソードは?などなど、ここでしか聴けない内容ばかり!八木澤氏が撮影した貴重な写真を交えてトーク頂きます。〝もう二度よみがえらない色街〟の記録と記憶を紡いだ八木澤氏の熱い想いをうかがいます。 訊き手は、遊廓専門出版社であるカストリ出版の渡辺豪が務めます。マニアックな話もたっぷり聞きます! イベント終了後は著者 八木澤さんのサイン会となります。著者と歓談できる貴重な機会です。是非ご参加下さい。 ■日時 2017年11月19日(日) 13:00開場(13:30開演〜 ■場所 渋谷ガーデンタワー9F(東京都渋谷区南平台町16-17) CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社カフェテリア内 ■『色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町』(2,400円+税) ・発行:実業之日本社 ・著者:八木澤高明 ・発売日:2017年11月17日 ・仕様:ソフトカバー、192ページ、カラー ■『色街遺産を歩く』収録地 カネマツ・五条東会館/一発屋通り(柳通り)/板柳町(マーケット)/神町米軍キャンプ/三春遊廓/柏崎遊廓/奈良屋町・旧大工町 /玉川村・大子町/黒磯遊廓/下平通り/本庄宿/伊勢崎市緑町(旧南町)/田中町/洲崎遊廓/玉の井・鳩の街/吉原遊廓/錦町楽天地/港崎遊廓・チャブ屋・黄金町/皆ヶ作・安浦/辰巳町藤沢新地/下田遊廓/山中湖村山中・梨ヶ原地区/飯田遊廓(二本松遊廓)/御代田町/福井・栄新地/金沢・石坂/渡鹿野島/古市遊廓/飛田遊廓/五条楽園/京口新地/江口・神崎/柳町遊廓/秋田町遊廓/玉水新地/今治市(ハーモニカ横丁)/蛭子町/柳町遊廓/花畑/芦屋町/真栄原社交街/辻遊廓/吉原・照屋 ■入場料 ※お客様のご都合による払い戻し・返金は致しません。 ※チケットの郵送は行いません。当日受付にてお名前を頂戴して入場となります。

その他のアイテム