江戸売笑記
592a9289f22a5b3d7401c17a 592a9289f22a5b3d7401c17a

江戸売笑記

残り3点

¥2,916 税込

送料についてはこちら

深川八幡にあった名代の鰻屋主人・宮川曼魚は、歌俳諧、邦楽にも堪能の趣味人で、昭和2年発行の元版は遊里風俗入門のテキストとして評判を得た。  絵図を増し、読み易く現代表記にして「青蛙選書」として復刻。 ■著者 略歴 明治19年(1886年)東京日本橋小網町の鰻屋「喜代川」に次男として生まれる。本名は渡辺兼次郎。のちに分家して、老舗「宮川」の権利を得て深川に店を開く。家業のかたわら早稲田大学高等師範部に通うも、店が忙しくなり中退。寸暇を割いての独学で江戸風俗研究に一家を成す。 ■書誌情報 ・著者:宮川曼魚 ・発行:青蛙房 ・発行日:平成23年(初版昭和57年) ・A5版 / 256ページ / モノクロ