吉原夜話
592a86903210d55cb801806a 592a86903210d55cb801806a

吉原夜話

残り2点

¥3,024 税込

送料についてはこちら

述者は、吉原の妓楼「中米楼」の娘として生まれ、初代市川猿之助に嫁した喜熨斗古登子。  中米楼に集まるあらゆる種類の客を接待したことが豊富な経験となって、人々に敬い慕われた。  きびしくも優雅な吉原のしきたり、風俗のさまざまを粋な江戸言葉でテンポよく語って、江戸から東京への特殊な世界を生々しく再現。吉原図絵56点。 ■編者 略歴 宮内好太朗 明治27年7月24日に本所北割下水で生まれ、京華商業学校から早稲田大学法学部英法科に入学。学費のために正則専修学校で夜学の英語教師。松竹合名社に入って新作物を続々上演。以降は舞台、放送劇等で活躍。 ■書誌情報 ・著者:喜熨斗古登子 述、宮内好太朗 編 ・発行:青蛙房 ・発行日:平成26年(初版昭和39年) ・A5版 / 256ページ / モノクロ