【カストリ書房限定】玉の井 色街の社会と暮らし(サイン入り)
other
58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9 58b174e7a458c0631c009bb9

【カストリ書房限定】玉の井 色街の社会と暮らし(サイン入り)

¥3,024 税込

送料についてはこちら

  • サイン入り

  • サイン無し

戦前、銘酒屋約500戸、接客婦約900名──。巨大私娼窟、玉の井の社会史を、往時を知る古老からの訊き取りと、豊富な原資料から調査したルポルタージュ。  玉の井の街の再現図、カフェー内部の見取り図、女給の盛装写真、その他豊富な資料が満載。 ■著者日比さんとお話したときのエピソード(カストリ店長談)  最も感心したことは住宅地図の作成方法でした。よくあるゼンリン地図や火保図の引き写しではなく、住民の一人一人から訊き取りをし、その両隣にも同様に訊き取る。双方の一致をもって確実性を担保していたそう。(それでも、後日入手した名簿により、当初制作した住宅地図には間違いがあり破綻したそうですが、そのことを正直に記述している姿勢が、研究者として素晴らしいと思いました) ■目次 ・玉の井との出会い ・玉の井とはどんな街だったか ・玉の井の経歴―戦前戦後 ・赤線の成立と遍歴 ・経営者について ・カフェーについて ・組合について ・カフェーの経営について ・女給について ・悲しい手紙 ・生活環境について ・赤線廃止後の玉の井 ■カストリ書房だけの特典 日比恆明氏のサイン付き!  日比様のご厚意により、サインを頂戴しました。他の書店やAmazonでは手に入らない特典となります。 ■著者はしがき(抜粋)  本書は、十年以上にわたる古老達からの聞き取りをもとにして、赤線があった玉の井という街を再現したものである。(中略)玉の井の社会生活や赤線という地域を研究される方にとって、本書は参考になると確信している。ここに再現された玉の井の社会は脚色をせず、裏付けをとった忠実なものであるからだ。  永井荷風が小説の舞台に取り上げて殊に有名になった玉の井であるが、関連する書籍や雑誌など、その情報量は極めて少ない。(中略)どの資料も、玉の井の社会生活を正確には記録していなかった。  その原因は、過去の書籍や雑誌の筆者の視点が女給の生態に集中していたことであった。(中略)読者の関心は女給に集まりがちである。そんな読者の期待に合わせ、過去の筆者達は取材対象を女給に絞ったのであった。これではカフェーの実態や玉の井の社会を正確に理解することができない。赤線があった時代の玉の井を知る人達が少なくなってきており、玉の井の社会生活を客観的に記録すべきではないかと考えた。(中略)  経営者側から観察した女給、遊客の生態であり、玉の井という下町の生活史といえる。 ■著者 日比恆明氏略歴 日比 恆明(ひび つねあき)。愛知県生まれ。弁理士。 ■書誌情報 ・著者:日比恆明 ・発行:自由国民社 ・発行日:平成22年 ・ハードカバー / 421ページ / 本文モノクロ

その他のアイテム