【カストリ書房限定】遊郭をみる(サイン付き)
other
588d51c71003153e62015c54 588d51c71003153e62015c54 588d51c71003153e62015c54 588d51c71003153e62015c54 588d51c71003153e62015c54 588d51c71003153e62015c54 588d51c71003153e62015c54

【カストリ書房限定】遊郭をみる(サイン付き)

¥2,052 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • サイン入り

  • サイン無し

絵はがきで見る遊郭地帯──  北海道から沖縄、さらに外地までを含む遊郭絵はがきコレクション。絵はがき約150枚を収録し、各地の遊郭の沿革や出来事などを、性文化史に造詣の深い下川秋史氏ら著者が解説。 ■カストリ書房だけの特典 下川秋史氏のサイン付き!  下川様のご厚意により、サインを頂戴しました。他の書店やAmazonでは手に入らない特典となります。 ■はしがき(抜粋)  絵葉書の歴史は私製絵葉書が認可された明治33年から始まるが、明治37〜38年の日露戦争に勝利すると、戦勝記念の絵葉書を買い求める人が郵便などに殺到、あちこちでけが人が続出し、けんか騒ぎまで勃発した。それは国内で湧き上がったナショナリズムの表れであり、これをきっかけにして名所旧跡から街の風景まで、さまざまものが絵葉書として発売された。  その一つが遊郭というわけだが、これだけ大量に遊郭の絵葉書が市販されたことは、遊郭が「絵葉書にするに値するもの」と見なされていた、つまり日本の文化の一部と認められていたことの表れであり、撮影者が「より親しみのある」シーンの撮影に一生懸命になった結果、その土地土地に根付いた遊郭の写真が後生に残ることになったのである。 ■書誌情報 ・著者:下川耿史 林宏樹 ・発行:筑摩書房 ・発行日:平成23年 ・B6 ・143ページ / カラー / モノクロ