山家悠平『遊廓のストライキ』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

山家悠平『遊廓のストライキ』

残り1点

¥2,640 税込

送料についてはこちら

近代の成果として公娼制度が完成する一方で、高まりを見せていた配所運動。 性を商品とする娼妓たちは、労働者の権利に目覚めつつあった。 廓からの逃走、自由廃業、ストライキ…。 弘前(寿町遊廓)、大阪(松島遊廓)、佐賀(武雄遊廓)など各地の遊廓で立ち上がった娼妓たちの抵抗を豊富な資料で読み解く。 ■書誌情報 ・著者:山家悠平 ・発行:共和国 ・菊判変形 ・276ページ / モノクロ