温泉・女・風土記(昭和31年)
55f285ed86b1882c1b000a7d 55f285ed86b1882c1b000a7d 55f285ed86b1882c1b000a7d 55f285ed86b1882c1b000a7d 55f285ed86b1882c1b000a7d 55f285ed86b1882c1b000a7d

温泉・女・風土記(昭和31年)

¥3,780 税込

送料についてはこちら

眼が笑っている。その眼は心もち眇で、泊ってくれるわネ、と自信たっぷりに輝いていた。 (「脂粉」〜石川県・山中温泉〜 より) ※※※ プラス1,000円で電子書籍と特飲店USBメモリが手に入ります! https://kastoripub.stores.jp/items/59df020bed05e62931000fec ※※※ ■赤線温泉ガイドブック 古書店でも入手困難のレア作品、渡辺寛『温泉・女・風土記』を復刻!!  昭和30年、売春防止法の完全施行を目前に控え、いまだ全国各地には夥しいほどの赤線・青線(=女性街)が存在していた。一人の男が、自らの足で女性街に赴き、その実相をルポタージュした奇書中の奇書ともいうべき作品、『全国女性街ガイド』。  その『全国女性街ガイド』の作者で知られる渡辺寛が綴った、〝もう一つの女性街ガイド〟とも言うべき作品が『温泉・女・風土記』です。『全国女性街ガイド』でも垣間見られた温泉芸者への傾倒を押し進め、温泉歓楽街での芸者・女給・パンマたちとの交情をエッセイ調で綴った作品。 ■収録箇所80超のボリューム  北海道から鹿児島(当時の沖縄はアメリカ領)まで、全83箇所もの温泉街を収録。『内外タイムス』、『サンケイ読物』、『100万人のよる』、『読物倶楽部』などに寄稿されたエッセイを収録し、単行化されたのが当作品です。 ■赤線跡調査の資料としても  エッセイとしても佳作ながらも、登場する地名や情報から、赤線跡を探す手掛かりとしても有力な情報源に。例えば熊本県杖立温泉の稿には以下。 『盲腸を手術した跡だと称する子宮外妊娠手術の跡のあるその女は、実は芸者でなくて、【発電所のそば】にある【特飲の女】だと、申訳なさそうに語った。』 このことから、九州電力発電所のある通りに今も残るスナック街が、かつての赤線の名残りであると確定できます。 特飲街の雰囲気を残す通り:https://goo.gl/maps/CGTC4LMKuj62 ■温泉街マップ 当著に収録されている温泉街をプロットしたQRコード付き。エッセイ、地図、ストリートビューで立体的な読書体験。 ■書誌情報 ・解説:関根 虎洸 ・仕様:B6、256頁、無線綴じ